【名護市長選取材班】任期満了に伴う名護市長選は19日の投票日に向け、ラストスパートに入った。最大の争点となる米軍普天間飛行場の辺野古移設を積極的に推進する末松文信氏(65)と、断固反対する稲嶺進氏(68)が、街頭演説や地域懇談会で懸命のアピールを展開している。