沖縄県警宜野湾署は14日、アダルトサイトを見た宜野湾市の会社員男性(47)が、サイトの登録料を求められ、民事裁判を回避するための費用名目で現金を宅配便で送るなどして総額630万円をだまし取られる架空請求詐欺にあったと発表した。

 宜野湾署などによると、他県警から沖縄県内の男性が被害に遭っているとの情報があり発覚した。男性はそれまで被害に気付いていなかったという。

 被害男性は今年10月23日から11月15日までの間、スマートフォンのショートメールに届いた連絡先に電話をかけ、相手の要求に従い計180万円分の電子マネーのID番号を伝えたほか、宅配便で現金計450万円を指定された住所に送っていた。