那覇市宇栄原1丁目の工事現場で見つかった旧日本軍製60キロ爆弾2発の不発弾処理が16日午前、発見現場である。午前8時半から避難を始め、同10時から交通を規制。同9時20分ごろから処理完了まで沖縄都市モノレール「ゆいレール」は全線で一時運休する。作業終了は正午を予定する。

 避難区域は半径199メートルで、避難対象は一般世帯800世帯、43事業所の約1500人。赤嶺自治会館に現地対策本部を置き、小禄市営住宅集会所が避難場所になる。