沖縄タイムス+プラス ニュース

「土砂じゃなく愛で埋めて」 強行の海に揺れる風船

2018年12月15日 10:46

 初めての土砂投入作業が終わり、夕暮れの米軍キャンプ・シュワブ沖(沖縄県名護市)。工事車両は小型トラック数台が動いているだけで抗議船やカヌーはいない。静かな海上に、色とりどりの風船がたなびいていた。武力やいがみ合いではなく、友好の象徴として若者たちが用意した監視船や工事作業員へのアピールだ。「求めているのは平和と対話。土砂じゃなく、愛で海を埋められたら」と願う。

対話の象徴として持参したカラフルな風船を船上からたなびかせる若者たち=14日、名護市辺野古・米軍キャンプ・シュワブ沖

 集まったのは、知事選で玉城デニー知事を支援した若者たち。土砂投入が迫った数日前、選挙を通してつながった若者のLINEグループで、誰からともなく「現場行く?」と確認し合った。

 大学院生の西永怜央菜さん(23)は「自然が積み上げた歴史が壊れされるかと思うと無力感がある。土砂が投入された海を自分の目で見ることで、人に伝えられることがあるのでは」と足を運んだ。

 東新川藤佳さん(31)は「政府がこれほど工事を急ぐことが理解できない」と嘆く。「サンゴは台風などで傷ついても再生する。サンゴのように、傷ついても光を目指して強く成長したい」と語った。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気