日本銀行那覇支店(桑原康二支店長)は14日、12月の県内企業短期経済観測調査結果(短観)を発表した。企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、全産業で前回調査から1ポイント悪化しプラス33となった。基調は観光を中心に好調だが、原材料費や人件費の高騰が押し下げた。