16日午前0時57分ごろ、沖縄県恩納村名嘉真の国道58号で、八重瀬町の電気工事作業員の男性(22)が大型バイクでツーリング中に転倒した。沖縄県警石川署によると、男性は頭を強く打つなどし、本島中部の病院へ搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。署が事故原因を調べている。

パトカー(資料写真)

 署によると、死亡した男性は複数台で国道を北向けにツーリング中、転倒した。バイクが滑走するのを後続が目撃、通報した。