沖縄伝統芸能の保存振興などを主な目的にする国立劇場おきなわが18日、開場10周年を迎え、浦添市の同劇場で記念式典と祝賀公演が行われた。  仲井真弘多知事や冨岡勉文部科学大臣政務官、眞境名正憲伝統組踊保存会会長ら約500人が、劇場の歩みを振り返り、琉球芸能の継承・発展への思いを新たにした。