米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題を最大の争点とする名護市長選挙は19日、市内17か所の投票所で投票が行われている。名護市選挙管理委員会によると午後4時現在、投票速報集計数は1万4005人で、投票率は30.07%。