男子興南は最終Q残り2秒、比嘉崇光の同点シュートで延長戦に持ち込み、その勢いで前原を制した。  第1、2Qをそれぞれ3点差ビハインドで折り返した興南は、第3Qでは9点差まで引き離された。税所寛主将は「やるべきことをやっていない。その点を一つずつ確認してから最終Qに臨んだ」と振り返る。