仲井真弘多知事は19日夜、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設が最大の争点となった名護市長選で稲嶺進氏が再選された結果について「名護市の有権者の判断だ」とした上で「この何日かは末松文信氏の陣営にダイナミックな動きがあり、負けない手応えを感じていた。まだ実感がない」と述べた。