沖縄防衛局は21日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への代替施設建設に向け、設計や生物調査など3件について受注業者を公募する入札を公告した。3月末に開札して業者を選定後、契約する。業者は4月以降に調査などに着手する見込み。