【東京】稲嶺進名護市長が米軍普天間飛行場の辺野古移設に関する工事を市長権限で阻止する考えを示していることについて、総務省は21日、沖縄タイムスの取材に対し「市が事務手続きを行わない場合は、工事を進めるために政府が県を通して(名護市に)是正要求することも考えられる」との見解を示した。