沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍は「沖縄を汚染し続けた」ミッチェルさんが批判 沖国大で地位協定シンポジウム

2018年12月19日 07:30

 日米地位協定と基地公害をテーマにしたシンポジウム(主催・沖縄国際大学、沖縄法政研究所)が15日、宜野湾市の沖国大であった。米国に公文書の公開を求め、在沖米軍による環境汚染を調べている本紙特約通信員ジョン・ミッチェルさんが基調講演した。

日米地位協定と基地公害について語るジョン・ミッチェルさん(右から2人目)とパネリスト=15日、宜野湾市の沖縄国際大学

 ミッチェルさんは、米軍による本土や沖縄での環境汚染を紹介。特に沖縄では、地元に危険を知らせず不要となった化学物質を海に廃棄したり、土に埋めたりして「70年以上もの間、米軍は沖縄を鉛、劣化ウラン、放射性廃棄物などで汚染し続けてきた」と話した。

 パネルディスカッションで照屋寛之沖国大教授(政治学)は、1968年にB52戦略爆撃機が墜落した事故を目の前で見た恐怖の記憶や、うるま市で女性が元米兵に殺害された事件に触れ「日本に復帰しても米軍による事件事故が頻発している。沖縄に基地があってはならない」と述べた。

 比屋定泰治沖国大教授(国際法)は、在日米軍の事件・事故が発生した際に米軍から日本側へ通報するよう定めた97年の日米合意があっても、守られていない現状を説明。「相手国に違反があった場合、こちらから毅然(きぜん)と責任を問わなければ、国際上追及のしようもない」と日本側の責任を指摘した。

追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
ジョン・ミッチェル
岩波書店
売り上げランキング: 83,373
連載・コラム
沖縄タイムスのイチオシ
2021 沖縄の輝く女性たち
2021 沖縄の輝く女性たち
2021年、沖縄で活躍する女性たちを紹介します
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「デジタルから新聞の未来を考える」本紙記者らが解説 26日午後7時から
「デジタルから新聞の未来を考える」本紙記者らが解説 26日午後7時から
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
令和2年度県民食育講演会・オンライン沖縄特別版
令和2年度県民食育講演会・オンライン沖縄特別版
小中高の部活生、受験生および保護者や指導者向けの視聴無料の講演会です。