【平安名純代・米国特約記者】名護市辺野古の新基地建設工事停止を求める電子署名が目標の10万筆を超えた。請願を始めたハワイ在住の県系4世の作曲家ロブ・カジワラさん(32)は「全く予想しなかった」と驚きと感激を表す一方、「辺野古の状況を変えるには米国民の意識を変えなければ」と訴える。