大弦小弦

[大弦小弦]米ホワイトハウスに辺野古埋め立ての一時停止を…

2018年12月20日 08:27

 米ホワイトハウスに辺野古埋め立ての一時停止を請願する電子署名が10万筆を超えた。米政府に何らかの対応を迫ることになる必要署名数を10日間で達成し、現在も増え続けている

▼請願を始めたハワイ在住の県系4世、ロブ・カジワラさん(32)が「想像もしなかった」というスピード到達。日本政府による埋め立て強行を、多くの人がおかしいと思っている証しだ

▼実際に工事が止まるかといえば大きな期待はできない。請願がきっかけの法制化は過去に1例しかないという。だが沖縄の現状を広く周知させ、米国を「当事者」と認識させる効果は決して小さくない

▼日本政府が沖縄の民意無視を続ける中、米政府に訴える署名が抗議の声の受け皿として機能している。市民の直接の意見を集めて政府を動かす制度が日本でも必要ではないか

▼辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票では、宮古島市が不参加を表明した。他市町村にも波及する可能性がある。直接請求権に基づく主権者の投票の機会を奪っていいのかと疑問が湧く。首長や議員の政治的スタンスとは別次元の話だ

▼民主主義、自由主義とは何かを言い表す有名な一節を思い起こす必要がある。「あなたの意見には反対だ。だがあなたがそれを主張する権利は命を懸けて守る」。デモクラシーの理念を体現する判断が求められる。(田嶋正雄)

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。