【平安名純代・米国特約記者】19日の名護市長選で米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する稲嶺進市長が再選されたことを受け、米政府は移設計画がふたたび停滞する懸念を日本政府に非公式に伝えていたことが23日、分かった。複数の米政府筋が本紙の取材に対して明らかにした。