19年に沖縄を訪れるクルーズ船の寄港予定回数は719回と、06年の19回から37・8倍増となる。航空機と比べ1度に多くの送客ができるクルーズ船は沖縄観光の成長に欠かせない存在となった。観光客増に比例して観光消費額も伸び、県内における経済効果も高まっている。