職場で休憩できている? 江崎グリコは12月14日、仕事中の休憩に関する調査結果を発表した。仕事の合間に「休憩できていない」と感じる人は60.1%いることが分かった。

ビジネスパーソンの6割は仕事の合間に「休憩できていない」(=プレスリリースより)

 「以前より忙しくてランチに出られないことが多い」と感じる人は26.3%、「以前より職場で休憩が取りにくくなった」と感じる人は50.0%いた。

 「以前より短時間で効率的に仕事をしなければならない」と感じる人は66.1%いたことなどからも、働き方改革の一環で生産性向上を追求する傍ら、仕事中に休憩を取りにくくなっている実態がうかがえた。

 現状どのような休憩を仕事の合間に取り入れているのか聞いたところ、「トイレに行く」(52.6%)、「お茶や水を飲む」(48.4%)、「コーヒーや紅茶を飲む」(43.3%)、「チョコなど甘いお菓子を食べる」(31.5%)、「同僚と会話する」(19.6%)――などが挙がった。

 このような休憩を取ることで91.4%は「仕事の効率が上がる」、86.4%は「仕事の満足度も高くなる」と回答。同社は「仕事の生産性や効率を求められる現代、仕事中のちょっとした休憩がブレークスルーポイントとなりそうだ」とコメントしている。

それは休憩になっていない?

 休憩として取り入れてはいるものの、しっかり休憩できていると思えないことでは「ネットサーフィンやSNSをチェックする」(46.2%)、「ゲームをする」(39.1%)など、スマートフォンで手軽にできることが上位にランクインした。

写真を拡大 要注意な仕事中の休憩(=プレスリリースより)

 その他には「トイレに行く」(30.9%)、「カフェや喫茶店に行く」(30.8%)、「たばこを吸う」(24.2%)などが挙がった。

 調査は10月30~31日にかけて、20~59歳の有職者800人を対象にインターネット上で実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.