沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、名護市議会(大城秀樹議長)は21日の本会議で、基地建設に明確に反対する野党市議13人が「埋め立て土砂投入中止を求める意見書」案を提出し、13対11の賛成多数で可決させた。公明市議1人は退席した。