沖縄県立看護大学(嘉手苅英子学長)の2017年度の教授募集で、応募条件の一つである博士の学位を有していないにもかかわらず、同大学の准教授で大学院生の2人が応募し、18年4月に教授になっていたことが分かった。