航空機の騒音に対する環境基準「地域類型指定」の変更に向け、県が2011年度~12年度に実施した米軍機の騒音調査を、米軍のオスプレイ導入を受け、14年度以降にやり直すことが27日までに分かった。地域類型指定も見直す。環境保全課の担当者は「調査した当時に比べオスプレイの数も飛行ルートも変わっている。