県は下水処理後、海に放流されている水に、殺菌強化など高度な処理を施した「再生水」を農業用に活用する計画を進めている。糸満市北部をモデル地区に、同市浄化センターから出る放流水を再生処理する。