沖縄電力(浦添市、大嶺満社長)は31日、2013年度第3四半期決算(連結)を発表した。電気事業は販売電力量の伸びや、燃料費の増減を価格に反映させる燃料費調整制度の影響などで売上高が増加。円安に伴う燃料費の上昇、減価償却費、他社購入電力料などの経費増を補い、8年ぶりに増収増益となった。