本日12月27日付の沖縄タイムス紙面にワーキングウエアブランド・DoSEA(ドゥーシー)の広告が「しまくとぅば広告」として掲載された。先月25日付で掲載した「まぐろや本舗」に続く第二弾。

 同ブランドが使用する風化したサンゴの粉末を織り込んだ 「オーシャンデニム」の特長とブランドコンセプトをしまくとぅばとイラストで表現している。

 沖縄タイムス社が創刊70周年を記念して、ユネスコが消滅の危機にあると認定した「しまくとぅば」を民間の広報宣伝にも広く使用してほしいと企画された。

 しまくとぅばの監修は那覇市文化協会うちなーぐち部会が務めた。

(標準語訳)

サンゴと仲間に。
海と仲間に。

それは、海を織ったデニム。
永い時を経て、白く風化したサンゴのかけら。
その粉末を、繊維の一本一本に織り込みました。
「オーシャンデニム」。
独特の美しい光沢と、爽やかな肌触りを持ち、
消臭・保湿・紫外線カットの効果があります。
「DoSea」の由来は、しまくとぅばの「どぅし」。
人も、サンゴも、すべての生命は「仲間」である。
そんな思いを込めました。
売上の一部は、サンゴの育成・保護団体に寄付。
人と海とが「どぅし」でいられる未来のために、 
私たちは、ものづくりを続けていきます。

新世代のワーキングウエアブランド。DoSEA(ドゥーシー)