2018年(平成30年)も残りわずか。みなさんにとって今年はどのような年でしたか? 沖縄タイムスの十大ニュースとひと味違う、「沖縄タイムス+プラス」の年間アクセストップ10の記事と、タイムス+プラス編集部(デジタル部)のメンバーが選んだ「こんなことあった」と思い出す、印象に残ったニュースで振り返ってみましょう。

■年間アクセストップ10(日付はサイト掲載日)

1◆安室奈美恵さんに沖縄県民栄誉賞(5月23日)

2◆韓国人一家パニック 冷静な対応で3歳の子救った看護学生(2月8日)

3◆翁長沖縄知事が死去(8月8日)

4◆「警察だけど、分かるよね」 “暴君”と呼ばれた少年(1月19日)

5◆「いいことで目立とうぜ」 たむろする少年たちとごみ拾い(1月21日)

6◆安室ちゃん大空へ! JTA「AMURO JET」デビュー(5月14日)

7◆「3回殴られたら…」カバンに刃物を忍ばせ登校 むせび泣いた夜(2月22日)

8◆予想通り少年院へ 「守れずごめんね」泣き崩れる母(1月20日)

9◆「いじめは、あなたが“病気”だから」教師に絶望した中2(2月15日)

10◆1.5坪の小屋が物語る闇の歴史 沖縄に残る私宅監置跡(3月16日)

次点◆「いじめの証拠ない」教師の一言に絶句 制服に忍ばせたICレコーダー(2月1日)

<1位>安室奈美恵さんに沖縄県民栄誉賞(5月23日)

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/256424

写真を拡大 翁長雄志知事(右)から県民栄誉賞の表彰状を手渡された安室奈美恵さん=23日・沖縄県庁

 2017年9月に引退を表明した、歌手の安室奈美恵さん。ラストイヤーを駆け抜ける安室さんに、沖縄県から県民栄誉賞が贈られた。

 その後、安室さんの歩みを振り返る展示会「namie amuro FINAL SPACE」や、最後のコンサート、9月16日の引退イベントの県内開催が実現、多くのファンが県内外から訪れ、思い出となる時間を共有した。

<2位>韓国人一家パニック 「心臓マッサージ止めて」 冷静な対応で3歳の子救った看護学生(2月8日)

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/206264

写真を拡大 男児を助けた仲村由衣さん(左)と國吉愛加さん=名護市・名桜大学

 韓国から来た観光客の男児(3歳)の急病に、通りがかった名桜大学看護学科の学生2人が対応、一命をとりとめた。

 その後、この記事を知った語学学校を運営する企業から、奨学金が支給された。

(奨学金支給の記事)https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/239771

<3位>翁長沖縄知事が死去(8月8日)

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/295992

写真を拡大 身ぶりを交えながら、埋め立て承認の撤回の理由を説明する翁長雄志知事=7月27日、沖縄県庁

 5月に膵臓がんを公表した翁長氏。闘病しながら職務を続けていたが、8月8日に死去した。67歳だった。7月27日に、普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関わる埋め立て承認の撤回に着手したと表明した記者会見が、公の場に見せた最後の姿となった。

 翁長氏の県民葬は10月8日に執り行われた。知事選では翁長氏の“後継者”として擁立された玉城デニー氏が当選した。

(知事選の記事)https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/322842