沖縄タイムス+プラス ニュース

【まとめ】辺野古埋め立て承認から5年 あらためて検証した

2018年12月30日 06:00

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、2013年に仲井真弘多元知事が沖縄防衛局の埋め立て申請を承認して27日で5年が経過した。翁長雄志前知事が今年7月に撤回を表明し県は8月末に撤回したが、国土交通相の執行停止を受けて政府は今月14日に初めて土砂を海域の一部に投入した。

辺野古新基地建設に関する5年間の知事の主な発言

辺野古の工事2年目の当初計画と現状

護岸工事の状況

辺野古沿岸の埋め立て承認後の主な動き

辺野古新基地建設に関する5年間の知事の主な発言 辺野古の工事2年目の当初計画と現状 護岸工事の状況 辺野古沿岸の埋め立て承認後の主な動き

新基地反対の民意高まる 時期や事業費は想定外

 ただ、工事は当初計画より遅れが生じ、仲井真氏と安倍晋三首相が約束した米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止は期限となる来年2月の実現は不透明。辺野古反対の民意が県内世論の多数を占め続ける中で、5年前の承認時に想定された状況と異なっている。

 県は埋め立て工事に5年、軟弱地盤の改良に5年、埋め立て後の作業で3年を合計すると新基地完成までに13年かかり、普天間の早期の危険性除去につながらないと主張する。

 さらに、防衛局の資金計画書と実際の支払額、予想される大浦湾側の地盤改良、県外土砂の調達などを試算すると、計画書が2400億円とする事業費は概算で約2兆5500億円に膨れ上がることも指摘する。

 来年2月には埋め立ての賛否を問う県民投票が予定されるが、宜野湾市や宮古島市の市長が各議会が予算を否決したため投票を実施しない考えを表明した。

 一方で、市民からは意思表示の機会を奪うことへの反発もあり、2市を含めた市町村の対応が注目される。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS