連合沖縄(大城紀夫会長、組合員約3万8千人)は3日までに、連合本部方針を踏まえ、2014年春闘で月例賃金(月給)1%以上のベースアップを要求する方針を固めた。春闘でのベア要求は5年ぶり。非正規労働者や未組織労働者への効果波及を念頭に、月給の引き上げを柱とし、賃金水準の一斉底上げを目指す。