「沖縄だけに押し付けるのではなく、みんなで考えてほしい」。名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府が土砂投入を強行した14日、県知事公室県民投票推進課の平良和也主査(39)=那覇市=は、母校の中高一貫校「ラ・サール学園」(鹿児島市)で基地問題や沖縄の歴史について講演した。