若者や子育て世代で米軍普天間飛行場の辺野古移設を止めようと、県内の20~50代市民からなるグループ「New Wave to Hope(ニューウエーブトゥーホープ)」が1月25日に発足した。活動の様子や沖縄の現状を動画で撮影し、インターネットで国内外に伝える予定。