【東京】安倍晋三首相は5日の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場の移設をめぐる反対行動への対応について「危険な行為がないようにすることが重要で、関係機関や自治体とも協力して危険防止に万全を期していきたい」と述べた。古屋圭司国家公安委員長は「そういった(反対)行為は極めて由々しき事態。