沖縄タイムス+プラス ニュース

「県の要望」御用納めで県民投票の回答、1月4日に再延長 宮古島市長

2018年12月29日 10:23

 【宮古島】名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の予算執行について、県から回答を求められている下地敏彦宮古島市長は28日、市役所で会見し、回答期限を28日から来年1月4日に再延長したのは「県の要望に沿ったため」と述べた。

県民投票の回答期限を28日から来年1月4日に再延期したのは県の要望だと説明する下地敏彦市長=28日、市役所

 下地市長によると、27日に県から直接電話を受け、「28日は御用納めだから1月4日に回答してほしい」と要望されたという。県の要望に沿うように、市は1月4日への再延長を求める文書を作成して県に提出したとし、下地市長は「向こう(県)がそういう形を取ってくれと言ったからやっただけ」と答えた。

 県への回答内容は「私の頭の中で出ている。だが県に回答する前に言うわけにはいかない」と明言を避けた。

 一方、予算を執行しない場合の法令上の問題については市の顧問弁護士らとの相談の上「クリアしている」と述べ、市長の裁量で事務を拒否することができるとの見解を重ねて示した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ