南風原町の県立南部医療センター・こども医療センターで、病児やきょうだいを見守り、家族の話し相手になる「こども病院ボランティア」の活動が8年目を迎えた。20代から70代まで幅広い年代のボランティアがひな祭りや夏祭りなどの催しへの協力をする。