沖縄タイムス+プラス プレミアム

[2018年・県政回顧]突然の指揮官交代 厳しい船出

2018年12月31日 09:19

 沖縄県政の2018年は、激動の1年だった。翁長雄志前知事が名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認の撤回を表明した後に急逝し、知事選で翁長氏の遺志を継ぐ玉城デニー氏が当選した。玉城知事は「あらゆる手段で新基地建設を阻止する」と県政方針を引き継いだが、国は民意を無視する形で埋め立て土砂を投入した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気