第11管区海上保安本部は沖縄県内の2019年元旦の初日の出時刻を発表した。最も早いのは南大東島で午前7時ごろ。最も遅いのは与那国島の同7時半ごろで、国内でも最も遅く見られることから「平成最後の初日の出」となる。

県内各地の初日の出時刻

 本島では与那覇岳が最も早い同7時12分、多野岳が同13分、勝連城跡、ニライカナイ橋がそれぞれ同14分、辺戸岬、知念岬公園が同15分などとなっている。

 海上保安庁は、日本各地の初日の出時刻が分かるタイムマップをホームページで公表している。

 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/hatsuhi/