今日は大みそか。沖縄県糸満市西崎町のサン食品では30日、年越しに食べる沖縄そばの生産がピークに入っていた。工場では従業員が、ゆでたての麺をほぐしながら乾かしたり、麺を袋や容器に詰めたりする様子が見られた。

製麺工場はフル稼働。ゆでたての麺をほぐす作業に追われる従業員=30日午前、糸満市・サン食品(落合綾子撮影)

 同社の1年で1番のかき入れ時。普段の30人増の150人が25日から24時間態勢で75万6千食を作っている。生麺やゆで麺、お湯を注いですぐ食べられるカップ入りなど種類も豊富だ。

 県内向けが8割。県外向けは、お歳暮用に贈答セットが人気で、昨年より1万食増やしたという。

 年越し用のそばは30日夕方までに出荷を終え、31日午前にはスーパーに並ぶ。同社の赤嶺孝参与は「ことしも年越しそばを食べて災厄を断ち切り、元気に新年を迎えてほしい」と話していた。