沖縄県名護市の屋我地島の玄関口、屋我の花壇でコスモスが満開となり、島を往来するドライバーらの目を楽しませている。

通行人らの目を楽しませているコスモス=名護市屋我

 コスモスは、同区の宮里敏雄区長と仲宗根忠夫前区長が10月下旬、県道110号線沿いの「屋我バス停留所」横に種をまいた。白や赤、ピンクに色づき、周囲には花の蜜を求めてミツバチも飛び交う。

 宮里区長は「毎年植えているが、今年のコスモスの成長はとても早い気がする。年明けまでは見頃ではないか」と話した。(玉城学通信員)