沖縄ハム総合食品(読谷村、長濱徳松会長)は、県内で初めて本格的なスッポンの養殖に成功し、2月からレトルトの新商品を販売している。同村の本社敷地に整備した施設で約2万5千匹を養殖。同社によると、沖縄の温暖な気候は稚ガメの生育に適し、本土に比べ加温コストなどが低く抑えられる点がメリット。