1日、沖縄県内各地で新しい命が誕生し「元日ベビー」が父母らに温かく迎えられた。那覇市の糸数病院では、城間未菜さん(26)=豊見城市=が午前9時32分に2人目の子となる体重2092グラムの長男を出産。元旦に元気な産声を上げたことに、家族らは喜びに包まれた。

元日に生まれた長男を抱っこした城間未菜さん(右)と宏一さん=1日、那覇市内

強さと思いやりのある子へ

 元日朝6時半から陣痛が始まり、2時間後に入院。予定日より2週間早い出産に未菜さんは「まさか元日に生まれるとは。最初の泣き声を聞いて、健康で安心した」と安堵(あんど)の表情。名前はこれから付ける。平成最後の元旦に誕生したことに「記念すべき日に産まれてくれてうれしい」と感激した。

 出産に立ち会った夫の宏一さん(29)は「息子が健康でよかった。これからも家族4人で一緒に頑張りたい」と目を細めた。

 長男の将来像として夫婦は「強さと思いやりのある子になってくれれば」と期待に胸を膨らませた。