浦添市の昭和薬科大学付属高校(稲福達也校長)で8日、県内高校のトップを切って卒業式があった。父母や在校生らが卒業生210人の門出を祝った。  式典では、稲福校長が卒業生に卒業証書を手渡した。「仰げば尊し」の合唱では涙をぬぐう姿も。