手作りの電気自動車を省エネでいかに長距離走らせられるかを競う「エネルギー・チャレンジ・オキナワ2018国際競技大会」(主催・同実行委員会、共催・糸満市など)が12月30日、糸満市役所特設コースで開かれた。タイや東京、県内から学生、社会人でつくる10チームが参加。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。