90歳の今も、講演や執筆の依頼が引きも切らず舞い込む。若者や各地の住民グループらが集う場に足を運び、語り掛けるのは「対話」の大切さ。「民主主義の足腰を強くするには、みんなが自由に話せる場を、駅の数ほど増やすしかない」  戦時下に青春期を送り、戦後は経済学者として社会問題の現場に身を投じてきた。