【国頭】村辺土名の多和田富子さん(96)のカジマヤー祝いが12月23日、オクマプライベートビーチ&リゾートで開かれた。実行委員会(仲本光雄委員長)の主催で、家族や友人ら約80人が参加。「奇跡のカジマヤー」と銘打ち、90歳を過ぎてから心臓病の手術を乗り越えた富子さんの長寿を祝った。