国民民主党は夏の参院選へ危機感を募らせている。党の支持率低迷が続き、所属参院議員のうち改選を迎える9人の議席(選挙区5、比例代表4)を維持できない可能性があるためだ。党勢拡大による比例票の積み増しのほか、選挙区では立憲民主党と共闘態勢が取れるかが焦点となる。