現地建て替え工事に向けて、6月に現施設での営業を終える那覇市の第一牧志公設市場。1950年に牧志公設市場として営業開始以来、「県民の台所」として親しまれてきた。60年代前半から10年以上続いた改築・移転問題や69年の火災焼失を経て、72年10月に現施設がオープン。