昨年、中学生の頃からなりたかった助産師として働き始めた。目指したきっかけは姉のお産に立ち会ったこと。無事に生まれた瞬間のみんなの笑顔が印象的で、私も新しい命の誕生に関わりたいと思った。 昨年はあっという間の一年だった。ミスもしたし、大変なこともたくさんあった。