平成最後の年が始まり、天皇陛下が新年に当たり、人々から祝賀を受ける在位中最後の一般参賀が2日、皇居で行われ、平成に入って最多の15万4800人が訪れた。これまでで最も多かった昨年の12万6720人を上回った。