竹富島で観光業を続けていて「いろんな島々を回ったけど、ここが一番です」って言われるのがうれしいね。先人たちが守ってきた自然と町並み、優しくのんびりした雰囲気が魅力。それを守り伝えるのが仕事で楽しみながらやってます。 戻ったのは26歳の頃。