日本の繊維製品の米国向け大量輸出を抑制することを目的とした日米繊維協定が調印された。日本側は輸出の自主規制を受け入れた。