昭和天皇が晩年、和歌を推敲(すいこう)する際に使ったとみられる草稿が見つかった。大半が未公表の歌だ。保管者から託された朝日新聞社が1日、一部を報道陣に公開した。昭和天皇の和歌の相談役で、直筆を見たこともある歌人岡野弘彦さんは「昭和天皇自身が書かれたもので間違いない。見覚えのある歌もある。