【東京】仲井真弘多知事と宜野湾市の佐喜真淳市長は10日、首相官邸で菅義偉官房長官と会談し、昨年12月に要望した「米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止」に向け、関係閣僚と県知事、宜野湾市長で構成する協議会と、作業部会の設置を要請した。菅氏は「早急に設置し、作業部会を含めて対応したい」と応じた。